最終章・猿ヶ京~老神温泉6-6

いよいよ今回の遠征も最終章へ。
川沿いを水上ICへ、ひとつ南下して月夜野ICで下車、昼食後国道17号を北上、苗場方面へ。
しばらく走ったところで次の目的地、法師温泉の長寿館というところが時間制限があった事を思い出し資料を見たところ既に30分前の13:30に受付締切りである事が判明。
次回に持ち越すことにし、手前の猿ヶ京温泉に目標を切り替える。

画像


画像


3時間まで¥650、更衣室から直接露天にも出られます。
細長く5つに分かれる。
真中が一番熱く、猫皮膚の自分は今回初めて熱過ぎて入れませんでした。

画像


壁の向こうには赤谷湖という湖が。
3時間まで同額ですが烏の行水である我々は40分で出湯、今回最後の目的地へ。

画像


月夜野ICに戻りさらにひとつ南下、沼田ICへ。
国道120号を尾瀬方面へ約15km、片品川を越えて老神温泉街へ。
国道の対向車線は長く渋滞、紅葉全盛期の日光方面からの帰り渋滞か?

画像


ここはスキーやスノーボード帰りの芸能人がよく立寄るようです。
この界隈はスキー場が豊富で、自分も若い頃は正月や日帰りで毎週の様に通っていました。

画像


内湯 is round.

画像


画像


遥か下方に渓流が、周りは紅葉の山々で、山奥の秘境といった感じです。
日も暮れてきたのでこちらでも40分あまりで打ち止め。
渓流を少し散策して車へ、国道を戻って沼田から関越自動車道を東京へ。
20:30レンタカー返却、三日間の慰安旅行終了。

今回は伊香保がメインでその後どこに行くかと協議の結果、このあたりでは温泉位しか思いつかずこのような三日間となりました。
今まで温泉というのは別の目的で観光した時に時間があれば立寄ったという感じでしたが、今回初めてそれが目的で各地を巡回。
しかしいろいろ個性的な名所を体感し、今迄の観光と比べても充実した三日間でした。

この記事へのコメント

アウトバック・ダブルアール
2011年01月22日 07:46
これですね。温泉記事は・・・。

私が初めて行ったのが14年前ぐらいで、同じくスキーの後でしたがこの時はあまり人がいませんでした。その後、雑誌に載っているのを見つけた時は、秘密基地が発見された様な「いや~」な感じでした。
2011年01月23日 00:36
山奥で静かな秘境といった感じですので人気が出るのも仕方ないでしょうか。
秘密基地はなるべく発見されたくないですね。
スキー、随分やられるようですね。

この記事へのトラックバック