雷鳥

画像


二日目は乗鞍へ、長野側(エコーライン)は7月まで通行止めゆえ上高地経由で岐阜側朴の木平へ。
宿の目の前に入口がありながら1時間近くかけて大回り、見ごろは7~10月位のようです。

画像


画像


朴の木平の無料駐車場に止め9:55発の濃飛バスで乗鞍畳平駐車場へ、50分弱、往復一人¥2,200。
約50人乗りバスに平湯温泉から半分近く乗って来て本席は満席、助手席に5人位坐りあと10人で満席、もしあと10人以上いたら次のバスまで1時間待ちになるのか気になりました。

画像


ゴール近くになり少しずつ雪が増え始め、立山のような雪壁がまだ残っています。

画像


到着、まずは15分で登頂できる魔王岳へ。

画像


画像


畳平は車で入れる所で標高が日本一高い駐車場のようです。

帰り道の脇に雷鳥がつがいで~
目の上が赤いのが雄、その奥に濃茶と白の雌。
こんなに人間を気にしないとは思いませんでした。

画像


下山して次に乗鞍頂上を目指そうと思いましたが雪が深く、またひょうが降って来て断念。
魔王岳以外は雪道を通らないと辿り着けないようです。
銀嶺荘というレストハウスで飛騨牛カレーにトライし12:50のバスで早くも下山する。
次回は7月以降スカイライン経由で山頂を目指そうと思います。







この記事へのコメント

2010年01月28日 18:13
こんばんは。
前の記事に失礼します。
朴の木平懐かしいです。若いころ毎週のようにスキーに行ってましたよ。クラブでですけど・・・あと舟山とか、めいほう、鹿島槍、白馬乗鞍、白鳥、野沢温泉また行きたいなぁ
雷鳥は実際小太郎さんが撮影したものですか?
だとしたら凄いですね!!!私も一目みたかったなぁ
2010年01月29日 07:20
自分もスキーはよく行きました。
八方尾根、志賀、妙高等等~
去年の大晦日にも書きましたが雷鳥が去年の第一位の出来事でした。
相方と自分の両親と乗鞍山頂へ。
遊歩道近くから殆んど人目を気にする事無く歩いていました。
繁殖期はこんな感じなのか?
後にも先にも自分が唯一生で見た野生の特別天然記念物です。
古い記事への訪問、コメント非常に嬉しいです。
この頃はただひたすら書いているだけで他の人のブログを見に行ったりコメントしたりあまりしていませんでした。
今から思えばもっと早くからやっていればよかったと思います。
2010年01月29日 19:20
小太郎さん 私ももっと早くブログを始めていれば・・・
と思いますが、まだまだ長い人生=*^-^*=にこっ♪
これからですよってえらそうですが・・・
一緒に楽しみましょう
ホント勉強になることがいっぱいですよ
癒されることもありますが (*´σー`)エヘヘ
2010年01月30日 01:07
実は自分はまだブログを始めるつもりは全くなかったのですが~
ウィルスとか怖いのでリタイヤ間近に始める予定だったのですが、
去年の11月三日にも書きましたが中央競馬でとある筋違いの非難を受けた厩舎関係の皆様を励まそうとキーワード検索をしたところ、その前にこのウェブリブログの宣伝が出て来て今すぐ無料で簡単に出来るという事でユーザー名やパスワードをゲットして手探り状態でやってみたら本当に簡単にできたのが始まりです。
その為その厩舎関係者への励ましをすっかり忘れてしまいました。
しかし今はこの偶然からブログを始められて良かったと思います。
こうしていっぷく堂さんという素敵な方ともお知合いになれましたし。
これからも末短く、いや永く宜しくお願いします。
だるま
2012年12月17日 09:27
凄い景色ですね、惹き込まれます!
一度、雪の壁を観てみたいですが、なかなか…
雷鳥も、ここまで綺麗に撮影できるなんて
凄い事ですよ(*^^*)
このブログを読みながら、ますます山への
夢が大きくなります!
2012年12月17日 09:45
だるまさん、
立山の雪の壁もなかなか見に行けないです。
この時期は繁殖期であまり人目を恐れない時期だそうでラッキーでした。
珍しく携帯ではなくたまたま持っていた(いつもは相方が持っている)デジカメで撮ったというのも。
山はこの夏~秋にかけて高尾山2回、陣馬(じんば)山、御岳(みたけ)山、武甲山と登りました。
そちらにいた時は母と弟と3人で山崎の山を歩いてその後ウィスキーがやはり美味しかったです(笑)。

この記事へのトラックバック